横 本文へジャンプ
研究室の紹介


      分子精神薬理学研究室

教授
   山本 敏文

【研究分野
    神経科学、神経薬理学、精神薬理学、神経生化学、分析生化学



私たちの研究室では、脳の働きを明らかにして私たちの精神活動、すなわち「こころ」の働きを分子レベルで理解することを目指して研究を進めています。
 特に、脳の病気の原因や病態を明らかにするべく、培養細胞や実験動物を使って実験を行っています。新たな治療薬や治療戦略に結びつく結果を日々追求しています



現在進めている研究テーマは以下の通りです。詳しくは「研究の概要」をご覧ください。



    
 研究内容

   1.脳精神・神経疾患と神経細胞機能異常
      統合失調症の病態研究、薬物依存・薬物渇望の分子機構
   2.神経伝達と受容体機能
      NMDA受容体機能とシグマ受容体機能
   3.環境ストレスと神経細胞毒性、神経変性疾患 
      一酸化窒素(NO)の神経細胞毒性とパーキンソン病